大町のしつらえ展 麻倉


久しぶりの更新です~。(すみません・・)



現在、市内のマチナカにある麻倉わちがい

大町のしつらえ展が開催されています。

(塩の道ちょうじやは終了致しました。)

4月後半から開かれているのですが、後半の展示が始まりましたconfident

写真111.JPG



(麻倉の展示です)



麻倉では「昔と今、出会いの工芸」がテーマ。

江戸から明治にかけての調度品と、現代の作家さんが作った

作品が並べられています。

写真12.JPG



漆器類や瑠璃の皿など、なかなかお目にかかれないモノも

ありますよsign01



6月16日まで開催中。

麻倉でのしつらえ展の見学は500円(隣のカフェでのドリンク付)



 







 



 



 


|

ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン


先週の土曜日、台風が近づいている中、行ってきましたラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン!



幸い雨にも降られず、ゆっくり楽しめました。



実は今回、職場の同僚でバラが大好きという花好きの方が案内してくださったいました。花の名前や植生だけでなく、ガーデニングについても説明していただけたので、いつもの何倍もじっくり見学できました。ラ・カスタさんでもどなたか案内してくださる方がいると嬉しいですよね。



さて、入り口です。



P1070654.JPG



お城の門構えみたい!両脇のバラの寄せ植えが素敵です。



P1070656.JPG



門をくぐると、そこは別世界が広がります。



何気なく植えられた花々もすべて計算されつくして植えられています。



常にベストな状態を保つために、草むしりや花がら摘みはもとより季節ごとの植え替えなど、手間のかけ方は半端ないようです。



 



P1070665.JPG



お庭はテーマごとに分かれています。ここは安曇野をイメージして作られたそうですよ。



白樺の木立の合間を清流が流れていました。



P1070667.JPG



途中には、ラ・カスタの地下を流れる北アルプスの水。もちろん飲めます。冷たくておいしい!



P1070680.JPG



本当に色んな種類の季節の花がいっぱいです。



案内をしてくださった方は年間パスポートを持っていて、1年のうち何回も訪れるそうですが、そのたび植えてある花が違っていて、いつも驚かされるとおっしゃっていました。



私も初めて見るお花がいっぱいでした。これだってスイートピーだけど、横に這うタイプみたいで、珍しいですよね。



P1070695.JPG



色んな種類のシャクナゲも咲いていました。とってもゴージャス。



P1070716.JPG



P1070677.JPG



花だけじゃなくて、木も素敵。写真にするとぱっとしないけれど、盆栽がとても大きくなったみたいな感じで、とっても芸術的です。庭師さんの手入れに感動します。



P1070696.JPG



P1070674.JPG



あ~、ほんと癒されます。



P1070726.JPG



ひとしきり見学したら、ヒーリングカフェのハーブティでガーデンを眺めながらゆったりした時間を過ごしました。



この日は少し涼しかったのでホットティーにしてみました。気持ちもホットします。



P1070740.JPG



次回は、今回まだ咲いていなかったバラを見に行きたいなと思っています。(年間パスポートを買おうかしら。。。)



P1070743.JPG



P1070745.JPG



                                   (by まるごと花子)


|

明けましておめでとうございます。


今年が皆様にとりまして素晴らしい一年となりますように。



さて、2日に王子神社に初詣に行って参りました。



019.JPG



近年、神社の中にまで車が乗り入れられていることがあって、とても驚きます。これっていいのかしら??



まぁ、たいていの人はきちんと駐車場に停めていらっしゃいましたが。。。



いかん、いかん。新年を迎えたばかりですから、爽やかにいきまーす。



さて、我が家のパートナーは新年も足が速い!私が写真を撮ったりしてモタモタしていたら、さっさと一人でお参り始めちゃいました。おいていかないでー!



01-04-023.JPG



今年はちゃんとお賽銭も用意して、準備はばっちりです。



願い事は、欲張らずにひとつだけお願いしました。



お参り後に左に目を向けると、そこには厄年が書かれた看板が。



 



パートナー「知らないうちに去年で厄年終わってた。。。」



私 「よかったじゃん。」



パ 「あっ、娘も厄年終わってた。」



私 「厄払いしなくてよかっただかい?まぁ、何はともあれ良かった、良かった。」



 



大丈夫か、我が家!?こんなに無頓着でいいのかな?



それにしても、今年はいいことあるかしら~。



我が家の“厄”も去ったみたいだし~。それに、私、うさぎ年、年女だし~。



なんだっけ、あれ、えっと「うさぎ駆け上る?」じゃないし、そうそう「うさぎの登り坂」。



物事がぴょんぴょんと上手く進むといいな。



誰ですか?「年齢的には下り坂だよねぇ」なんて。



まだまだ下り坂も登り坂も、がんばりまーす♪    



                  (まるごと花子)


|

中山高原と美麻珈琲


昨日、日没近くに中山高原へ行ってきました。



カラマツの紅葉は終わっていましたが、晩秋の高原の美しさが感じられます。



辺り一面の菜の花や、そばの花で埋めつくされる光景もとても綺麗ですが、この静寂と自然美もとても美しいです。



11-28-059.JPG



特に、高原と北アルプスの山並み。絵になりますね。



11-28-071.JPG



11-28-073.JPG



日没を写真に収めようと待っていると、カラマツが夕日に染まって少し赤くなってきました。こんな何気ない風景が、とても綺麗で感動しました。



さて、山を眺めているうちに暗くなってきたのと、日が暮れ冷え込んできたので、近くの美麻珈琲さんで暖まってから帰ることにしました。



高原の雰囲気にぴったり溶け込んだ、個性的で美しい外観の美麻珈琲さんですが、今回は暗くなってしまって外観写真を撮影できませんでした。仲間の皆さんとつくられた手作りのわらハウスで、とても温かみがある素敵な建物です。



さて、こちらが店内の様子。素敵でしょ~。



086.JPG



挽きたての珈琲を入れてくださっているご主人さんの後姿です。作業スペースも絵になるってなかなかないですよね。



084.JPG



今回は、美麻ブレンドとアーモンドレーズンロールケーキを注文。はは、やっぱり甘い物リポートになってしまいましたね。



090.JPG



珈琲、とってもおいしいです。



素直な感想をご主人にお伝えすると、



「珈琲は、焙煎してから古くなって酸化したのを飲むと胃がむかむかしたりするけれど、焙煎仕立ての新鮮で、適度な温度管理をされた豆はおししい。」「単純だけど当たり前のことをするとおいしい珈琲ができる。」とご主人。虫がなく、形のよいものを手作業で選定されているそうです。



手前は、手作業で豆の選別をされている息子さんです。



088.JPG



ご主人はパティシエさん。ご主人が経営される三田のサント・アンから送られてきたものがお店に並んでいます。ケーキだけ購入することももちろんできますよ。



082.JPG



ロールケーキ、さすがです。とにかくおいしいです。



095.JPG



美麻珈琲さんでは、珈琲店すぐ横にレストランを建築中です。今度はわらハウスでなくて、たたみハウスだとか。石釜ピザや天然酵母パンと、完全予約制のイタリアンコース料理が楽しめる、農園レストランになるそうです。順調にいけば、来春には建築できるそうですよ。楽しみですね!



                                      (まるごと花子)


|

紅葉美しい霊松寺 その1


霊松寺、ただいま紅葉真っ盛りです。



霊松寺といえば、オハツキイチョウがよく知られていますが、聞くところによると、このオハツキイチョウと呼ばれるもの全国で50木ほどあるらしいですね。オハツキイチョウを子宝安産のお守りにしたいと、はるばる遠くからいらっしゃる方も多いのだとか。今年も何回か霊松寺に参拝させていただきましたが、地面に落ちている葉を熱心に探す姿を見かけました。



中には、一人で何枚も持っていかれてしまう方もいらっしゃるようですが、。みなさん、もし数枚見つけても、他に欲しい方のために、残してあげてくださいね。子宝に恵まれたいとわざわざ遠くからお越しの方もいらっしゃいますので。



さて、そのオハツキイチョウ。今年の紅葉は例年より全体の色づきが遅く、枝によってばらつきがありますが、それでも、とっても綺麗です。



resize1045.jpg



resize1047.jpg



秋の内部拝観の期間中は、観光ボランティアの方が説明をしてくださり、霊松寺の歴史をじっくり説明してくださいます。いらしたら、ぜひ説明をお願いするといいですよ。



霊松寺は曹洞宗のお寺ですが、長野県内に600ほどある曹洞宗の寺院の中で、一番最初に建てられたお寺さんで、大本山総持寺直轄のお寺さん。曹洞宗は総持寺と永平寺の両本山ですが、数ある曹洞宗の中でも、総持寺直轄のお寺は少ないのだとか。



続きは次回「紅葉美しい霊松寺その2」でお伝えします。



【秋の内部拝観】



◆期  間:10月16日(土)~11月7日(日)

◆拝観時間:午前9時半~午後3時半



【影武者シンセサイザーコンサート】



◆日時: 11月7日(日)

     午前の部 11時~

     午後の部 13時~


 


|

信濃おおまち達人検定その3(仁科神明宮パートⅡ)


さて、前回の仁科神明宮の続きです。





何しろ昔から難しいこと覚えるのが苦手でして、文化財って聞くとイコール難しい、イコールお勉強。みたいな感じがして、私には無縁なものとして過ごしてきました。今になって、もったいなかったなと反省している次第です。今ごろ!?って感じで、正直恥ずかしい気もしますが、自分の生まれ育った大町のこと、今からでも少し知りたいなと思う今日この頃です。



まっ、そんなわけで、まずは長野県内でも5つしかない国宝から始めることにしました。



前回、「仁科神明宮は、伊勢神宮の荘園を守るために、仁科氏によって祭られたお宮。」ということをお伝えしましたが、このお宮、いったいいつ建てられたものかご存知ですか?



何しろ国宝級ですから、私はてっきり、チョー古くって、平安時代もの?鎌倉時代?なんて勝手に思っていたのです。そう、20年ごとに造り替えが行われていたとは知らなくって。。。



平安時代の終わりごろ、仁科氏によって祭られて以来、千年以上にわたって、20年に一度の遷宮(せんぐう)が行われてきました。もとは古い社殿の全部を廃棄して、前様式どおりに新しく造り替えるのが例だったんですね。けれど、松本藩主の松平直政が行った1636年の造営を最後に、以降は部分的な修理をしています。松本藩、財政難だったんでしょうねぇ。なので、現在の建物は、江戸時代のはじめのものということになります。



でも、なんで国宝?そんなに古くないのにね、ってそんな疑問が沸きますよね?



それは、江戸時代の建造物とは言え、わが国古来の神明造の様式を正確に伝えていることから、国宝に指定されたそうです。



ちなみに神明造、ウィキペディアによると



「神明造の社殿は、江戸時代以前は伊勢神宮と、信濃国(現在の長野県)の神宮の所領とされた仁科神明宮丹後国(現在の京都府)の籠神社など少数であったが、明治以降は合祀などによる遷宮において神明造を採用することが流行し、神明造の社殿が増加した。熱田神宮が神明造になったのも明治の遷宮からである。台湾の神社のほとんどは神明造である。」



だそうです。



画像 288-1.jpg



江戸時代以前の神明造って、少なかったんですね。      (まるごと花子)


|

高瀬渓谷、紅葉真っ盛り


いや~、今朝は寒かったですねぇ。夕べお散歩していたら、雪らしきものがちらほら舞ってましたものね。今朝起きたらお山が真っ白になっていてびっくりです。晩秋から初冬にかけたこの季節、山の雪の白と紅葉の二段紅葉や、場合によっては三段紅葉が楽しめ、この季節ならではの味わいがあります。



そう言えば、アルペンルートの室堂では、例年に比べて遅い初冠雪なんだとか。例年は10月の上旬に降る事が多いと聞きました。そんなに早いのですね。



さて、今年の紅葉ですが、例年に比べて遅いし、あまり色づきがきれいでないとの声も聞きますが、それでもやっぱり高瀬渓谷の紅葉はダントツきれいですね。黄色に加え、ところどころにある赤がとてもバランス良くって。毎年多くのカメラマンさんをお見かけしますが、今年もカメラのお客様多いですねぇ。



今日はお天気が良くなっかったのですが、高瀬ダムはこんな感じでした。いい感じでしょう~。



001.jpg



017.jpg



高瀬渓谷というと高瀬ダム、と思われる方もいらっしゃると思いますが、高瀬渓谷の範囲は、「大町ダム~葛温泉(くずおんせん)~七倉ダム~高瀬ダムまで」と、その範囲は広く、紅葉を楽しめる期間も長くて最高ですよ♪



ただ、高瀬ダムまで行かれる場合は、一般車両は七倉までしか入れないので、七倉の駐車場に止めて、その先高瀬ダムまでは特定タクシーに乗り換えます。片道2100円ですので、何人かで行かれると安く済みますよ。



それから、せっかく高瀬ダムまで行かれるなら、濁り沢までぜひ足を伸ばしてみてください、おすすめです!ダムの堰堤から徒歩20分くらいで行かれます。昨年の画像で申し訳ないのですが、これが意外と見応えがあるんですよ。



日本一の落差がある称名滝にはかないませんが、大なり小なり、自然の滝って美しいです。



P1020596.JPG



濁り沢に’行くには、このつり橋を渡って行きまーす。



 



010.jpg



高瀬渓谷の紅葉は、今週から来週にかけて見ごろです。帰りに葛温泉でゆっくり紅葉露天風呂!なんてのもいいですよぉ。



次回は葛温泉、リポートしまーす。



                          (まるごと花子)


|

紅葉の黒部ダム


16日土曜日に、紅葉が見ごろを迎えた黒部ダムに行ってきました!



resize1006.jpg



220段の階段を上るのがしんどい方は、下り60段の階段で黒部ダム堰堤にいかれますよ。私はがんばって展望台まで上ってきました。



resize1007.jpg



「ゆっくり上がってください」の案内に、気持ちがほっとしますね。途中休憩しながらゆっくり上ると、そこに待っていたのは、、、この絶景です!



resize0990.jpg



展望といい、紅葉といい、黒部ダムのスケールの大きさといったら!お写真では伝わりきらないのが残念。



みなさんも、ぜひ生(なま)のダムをご覧いただきたいです。21日~11/31までは、お客さま感謝キャンペーンがあって、切符がお安くなるようですよ。この機会に黒部ダムのスケールの大きさを体感してみてください。



黒部ダムオフィシャルサイト お客さま感謝キャンペーン



ふと見上げたら、空が近くに感じました。



resize1010.jpg



観光放水は15日で終わってしまったけれど、放水中では見ることができない河床や噴出口を見ることができ、これはこれでおもしろく、観る価値がありました。



それに、このスケール!!放水が止まっていてもすっごーい!!!



resize1009.jpg



よーく見ると



1008.jpg



これが放水口。バルブが閉まっているのが見えるけど、どのくらいの大きさなのかしら??



それに、あの出入り口は何!?点検とかされるときのためですよね、きっと。それにしても怖そうです。



最後に紅葉写真を1枚アップします。これは、河床より少し上の、急峻な山肌に生える木々の見事な紅葉です。



060.jpg



                            (まるごと花子)


|

信濃おおまち達人検定 その2


さて、前々々回スタッフブログ「信濃おおまち達人検定その1」でご紹介したこの写真、お分かりでしょうか?



P9229390re.jpg



そうですね。仁科神明宮ですね。ではこの写真の真ん中に写っている建築物は何でしょうか?



答えは国宝に指定されている「中門(ちゅうもん)」です。



本殿も写した写真はこちら↓です。左から本殿、中門。そして本殿と中門をつなげている屋根が釣屋です。



nisinasinnmeiguu.jpg



実は私も、この中門と本殿が国宝指定(釣屋は付属扱い)されていることは知っていましたが、知識があまりなく、この度仁科神明宮について少し勉強してみました。



祭神は、天照大神。平安時代の終わりごろに、伊勢神宮領仁科御厨(にしなみくりゃ)という、伊勢神宮の荘園を守るために、この地方の支配者である仁科氏により祭られました。



仁科氏と言えば、平安時代から戦国時代末まで五百年以上にわたってこの地を治めていた豪族。中央の文化をこの地にもたらし、多くの史跡や文化財を残した仁科氏。この地になぜ来たのか、事情ははっきり分からないけれど、大町の国宝、重要文化財、県宝、その他貴重な文化財の主な物は、仁科氏と深い関係を持つものが多いです。



この地の基礎を作った偉大な豪族、仁科氏。どんな風貌なのか、思いを巡らすだけで、ちょっと楽しいかな。



さて、仁科神明宮ですが、社地区、千国街道沿いにあります。街道沿いに一の鳥居があり、参道を少し進むと樹齢800年と見られている三本杉がある。残念ながら、真ん中の1本は近年突風のために倒れてしまったけれど、残り2本、見事な杉が見られます。



resize0950.jpg



resize0948.jpg



神明宮は、スギ、ヒノキなどががうっそうと茂る社叢に覆われています。この社葬が厳かな雰囲気をさらに引き立てていますが、江戸時代の終わり頃、江戸城本丸普請のために、御神木を伐採しようとしたとき、近所の人々が団結して反対運動を起こし、幕府に直訴してこの森を守ろうとしたのだとか。当時の方々の勇気と努力で今の森があるのですね。そんな歴史を感じながらお参りすると、また違った趣を感じます。



resize0949.jpg



信濃おおまち達人検定その3(仁科神明宮パートⅡ)へ続く



(まるごと花子) 

|

リゾートビューふるさと大糸線を走る!


「リゾートビューふるさと」が、10月2日から大糸線を走っています。2日にはJR信濃大町駅で盛大にオープニングイベントが行われました。駅前広場公園では、商店街振興会の皆さんによる焼き鳥や焼きそばなどの露天が大盛況!ステージでも源流美麻太鼓や影武者シンセサイザーの演奏があり、イベントは盛上がりを見せました。



r7.jpg



オープニングイベントで特に盛況だったのは、保育園児、スポーツ少年団などによるテープカットでした。当日の飛び入り参加も加わり、なんと子ども総勢180名!!誰かひとりぐらい、テープカット前に切ってしまう子もいるのでは?と心配したのですが、誰一人として見切り発車することもなく、無事にテープカットが行われました。ずらーっ、と並んだ子供達によるテープカットは、とても見応えがありました。



r6.jpg



JR信濃大町駅もお客様で大賑わいでした。



r5.jpg



r8.jpg



さて、肝心のリゾートトレインですが、長野から松本を経由して、信濃大町、そして南小谷までの間、毎日運行しています。大糸線沿線は、雄大な眺望がパノラマのように連なる北アルプスの峰々や、清涼な川や湖など美しい風景を、広い車窓から眺めることができます。車窓の風景の素晴らしさに感動しますよ!



r4.jpg



そして、地元の皆さん!大糸線沿線では、信州DCの開催に併せて、「列車に手を振ろうキャンペーン」が実施されています。通過する列車に「ひと振り」して、お客様をお迎えしましょう。





■運行時刻   

         長野  9:03発 

  9:26着  姥捨 9:30発

  10:24着  松本  10:41発

  10:59着  穂高 11:24発

  11:34着  信濃松川 11:35発

  11:47着  信濃大町 12:20発

  13:04着  白馬   13:15発

  13:29着  南小谷  



        南小谷  14:44発

  15:00着  白馬   15:13発

  15:44着  信濃大町 15:45発

  15:54着  信濃松川 15:57発

  16:08着  穂高   16:13発

  16:44着  松本   16:55発

   -    姥捨    -      

  18:23着  長野

          

※ダイヤ改正等により時刻が変更となる場合があります。

 12月以降の運転日については最新のJR時刻表等でご確認ください。



 

■指定席券(通常期) おとな510円 こども250円



※全席指定席です。ご利用の際は事前に指定席券をお買い求めください。

 指定席の他に乗車券が必要です。

 ご利用日の1ヶ月前の10時よりJRの主な駅のみどりの窓口、びゅうプラ

 ザ等で発売されます。



RIZO-TO.jpg



                                           (まるごと花子)







 


|

秋のラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン


行ってきました。美と癒しの洋風庭園、「ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン」へ。



013.JPG



エントランスに入る前に、園内に植えられているお花などが売られているショップに立ち寄り、気に入った株をゲット。



園内に入るのには予約がいるけれど、外のショップは、ハーブや花の苗、鉢やリースの材料なんか欲しい時、いつでも来られるから嬉しいですよね。



912016.JPG



重厚なエントランス!お城の門みたいです。



912015.JPG



園内はすっかり秋のお花に彩られていました。



よく手入れが行き届いた庭園で、どのお花もホームセンターでは手に入らないようなものばかり。



マリーゴールドひとつとっても、色が違う!こんな色の見たことないぞ。可憐な淡いレモン色。



ケイトウだって、形が違う。全体を観るのもいいけど、一つ一つの花にも視線を注ぎながら、じっくり楽しみたい。植樹の微妙なバランスや厳選されたお花の数々。もう、ガーデニング好きにはたまりませんよ。



先々週行って撮ったものなので、お花の咲き加減は今日とは少し違うかもしれませんが、こんな感じです。



912017.JPG



912028.JPG



コニファーガーデン。ラ・カスタの雰囲気に良く合っています。



912022.JPG



この花なんて言ったっけ?マツバボタン?家に咲いてるはごくごく普通のピンクだけど、可憐な白ですね~。



037-1.JPG



ヒーリングファクトリー。ここでは、香りの手作り工房や4階には展望テラスもあったり。建物の中もいい香りがして素敵です。



912025.JPG



わーい。ヒーリングカフェだ。何があるのかな~。



912032.JPG



ハーブティー、ジュース、クッキーまである!スパークリングハーブソーダって何だろう?試しに飲んでみることに。



912036.JPG



クランベリーハイビスカスを注文したところ、、、激ウマッ!!



ハーブと言っても全くクセがなく、さっぱりおいしーい。また飲みたいけど、ここに来ないと飲めないのよね。また来るしかないな。そうそう、信濃大町ぐるりん号のバスに乗ってくると、ラ・カスタでハーブティーがサービス!だって!!しかも、ぐるりん号のお客さまは予約しなくても入園できるんですよ。



信濃大町ぐるりん号



癒しの空間、ラ・カスタへ、ぐるりん号で出かけてみるのもいいですね。



040.JPG



912050.JPG    



                                       (まるごと花子)

|