紅葉の黒部ダム


16日土曜日に、紅葉が見ごろを迎えた黒部ダムに行ってきました!



resize1006.jpg



220段の階段を上るのがしんどい方は、下り60段の階段で黒部ダム堰堤にいかれますよ。私はがんばって展望台まで上ってきました。



resize1007.jpg



「ゆっくり上がってください」の案内に、気持ちがほっとしますね。途中休憩しながらゆっくり上ると、そこに待っていたのは、、、この絶景です!



resize0990.jpg



展望といい、紅葉といい、黒部ダムのスケールの大きさといったら!お写真では伝わりきらないのが残念。



みなさんも、ぜひ生(なま)のダムをご覧いただきたいです。21日~11/31までは、お客さま感謝キャンペーンがあって、切符がお安くなるようですよ。この機会に黒部ダムのスケールの大きさを体感してみてください。



黒部ダムオフィシャルサイト お客さま感謝キャンペーン



ふと見上げたら、空が近くに感じました。



resize1010.jpg



観光放水は15日で終わってしまったけれど、放水中では見ることができない河床や噴出口を見ることができ、これはこれでおもしろく、観る価値がありました。



それに、このスケール!!放水が止まっていてもすっごーい!!!



resize1009.jpg



よーく見ると



1008.jpg



これが放水口。バルブが閉まっているのが見えるけど、どのくらいの大きさなのかしら??



それに、あの出入り口は何!?点検とかされるときのためですよね、きっと。それにしても怖そうです。



最後に紅葉写真を1枚アップします。これは、河床より少し上の、急峻な山肌に生える木々の見事な紅葉です。



060.jpg



                            (まるごと花子)


|

三蔵呑みあるき


今年で3回目となる三蔵呑みあるき。毎年とても楽しみにしているのですが、今年は仕事で遅い出足となってしまい、私自身はゆっくり楽しめなかったのが残念ですが、終わりに近い時間でも、お客様の満足そうないい笑顔にたくさん出会えました。



三蔵呑みあるきは、3軒の蔵元でお酒をいただけるのですが、まちなかの協力店がたくさんあって、この日特別に販売するものやサービスがあったりと、呑む以外の楽しみがあるのも嬉しいですよね。



特に甘味に目がない私は、藤長さんのあんどーなつとか、柴田さんの創作菓子とかとても楽しみで、その他にもイゲタボシさんでおにぎりのサービスや大谷書店さんでの象鼻杯、、、まちを歩くのがとっても楽しいんですよね。



今年は駆け足で歩きまわり、慌てて撮った写真は手ブレしたものばかりだったけど、、、



まずは市野屋商店さん。



017.JPG



市野屋の皆さん、お客様以上にいい顔なさってました。



そして今年も創作菓子が楽しみで柴田製菓舗さんへ。



09-22.JPG



この日の創作菓子は2種類。1種類はすでに売り切れていました。私は吟醸酒生ゼリーを購入し、さっそく食べてみました。



043.JPG



うわっ!お酒だ。本当にお酒が生だー!あまり甘くなくてお酒の味を楽しめる、なかなかの逸品。



三蔵すべてが味わえるのもいいですよねぇ。



048.JPG



開けてみたら、金箔入ってましたー。って、見えないかな?



続いて薄井商店さん。酒蔵探検、レッツゴー!



024-1.JPG



薄井商店さんの蔵は地下にあるんですね。実は初めてお邪魔します。



026-1.JPG



10問のクイズを解きながら進みます。



おっと、この質問わからない。。。



030.JPG



みなさん、いい感じにほろ酔いされてました。



031.JPG



最後は北安大國さん。



大國さんの雰囲気がまたいいんですよねぇ。この雰囲気が好きな方も多いのでは。



033.JPG



2階では斉藤清さんの絵画展が開かれていました。



036.JPG



039.JPG



最後におまけ。



本日、双葉SAから見えた富士山。中国人の富士山ツアーが急増しているそうですね。中国の方は富士山が曇っていて、山頂とかまったく見えなくても、大変満足して帰られるそうですよ。日本人は天気が悪くて景色が見えないとひどく残念がりますが、そこにしかない雰囲気や空気を楽しめるだけで満足、ってすごいなと感心しました。旅の楽しみ方も色々ですね。



015-1.JPG



                                 (まるごと花子)


|

「麻の館」でそば打ち体験


真夏のような日が連日続いていますが、暦のはすでに9月、秋ですね。秋と言えば真っ先に思い浮かぶのが「そば」。新そばにはまだちょっと早いけど、「そば打ち体験」してきました~。



美麻新行のそば処「麻の館」。実はここ、麻の資料館が併設されていたり、そば打ち体験ができたりとそばを食べる以外にもお楽しみが♪



大町市美麻(みあさ)、「美しい麻のなる村」から、美麻村になったんだとか。その昔江戸時代とかには、麻が米と同じ値段だったそうで、年貢を麻で納めていたんだそうです。麻の繊維を取るには種を播いてから3ヶ月かかるそうで、以前は麻とそばの二毛作だったそうですよ。美麻は昔から麻とそばの村だったんですね。



資料館ですが、普段見られない珍しい物が展示されていて、入館料は200円するけど一見の価値ありです。



resize0867.jpg



resize0868.jpg



さて本題のそば打ちです。麻の館のスタッフさんが優しくコツを教えてくださいます。見ていると簡単そうに見えるので、たいしたことないな~なんて思っていると、これがなかなか難しかったー。



resize0866.jpg



こねるの力がいります。



resize0865.jpg



仕上がりはずたずたになってしまったけど、それでも自分たちで打ったお蕎麦は格別においしくって、とても満足できます。そば打ちの時間も1時間くらいでできますので、ちょっと時間に余裕のある時にはオススメです。



resize0863.jpgそしておすすめと言えば、おやき。ここのおやきは隠れた逸品なんだとか。勧められて食してみると、一口でファンになってしまいました♪ 今度ぜひ一度麻の館に足を運んでみてください。



resize0870.jpg



1個150円でーす。この日は切り干しのおやきでした。



                                             (まるごと花子)


|

アルプスあづみの公園 大町・松川地区Ⅱ 


今回は、森の散策体験リポートです。



連日の猛暑で、外出するならプールへ行くって人も多いようですね。



水遊びのほかにおススメなのが、公園内での「森の散策体験」。



では、園内60分コース、レッツゴー。



 resize0852.jpg



ガイドさんは公園の自然観察ガイドの方々。



「なんてことない地元の森の散策なんて、果たしておもしろいのかな」と、疑問に思っていたんですけれど予想ははずれ。



園内の植物の説明を聞いたり、森に住む動物たちの話を聞いたりしながら、



あっという間に60分が過ぎてしましました。



森の中は暑い日ざしもさえぎられ涼しかったので、もっとガイドさんの話を聞きたかったな。



 resize0851.jpg



ご存知でしょうか。



園内に多い、アカマツやカラマツですが、日のあたるところしか枝が伸びないので、日陰は自分で枝を落としてしまうんだとか。



こんな風に。



849.jpg



確かによく見かける、こんな感じのアカマツ。



そういう理由があったのですね。感心、感心。



0851.jpg



広い園内を気ままに歩いて散策するのもいいですが、ガイドさんとの散策は新しい発見がたくさんあって楽しめますよ。



今度公園に足を運ばれた時は、ぜひ散策体験試してみてくださいね。



 0852.jpg



(まるごと花子)

|

アルプスあづみの公園 大町・松川地区 1


子供が遊べる場所をお探しの方におすすめの場所、「アルプスあづみの公園」。



しかも、お金があまりかからず、1日中遊んでいられます。



入園料がなんと大人400円、子供80円! お財布に優しいのが嬉しいですよね。



家族連れにとってコストパフォーマンスは、重要なポイントですものね。



画像 1393.jpg



林間アスレチックに、くもの巣遊具など、屋外での遊びはもちろん、雨の日でもいつでも遊べる室内の体験や遊びの場がとても充実しています。



「大草原の家」では室内にネットが張られていて遊べるようになっていたり、「森の体験舎」ではクラフト体験や食体験ができます♪色々な体験があるのですが、なんと言っても料金が安くて、これまたお財布に優しい。



例えばこのサンドアート、1個200円。



画像 1387.jpg



これ、やってみると、意外なんて言っていいのかわからないけれど、、、大人でも意外と楽しめました。



画像 1381.jpg



公園の開発地区を流れる、乳川(ちがわ)の砂にペンキを塗ったものを使います。



そうそう、余談ですが、乳川周辺は花崗岩が多い場所で、その花崗岩は崩れると白くお乳のような色になることから、



「お乳のような色をした川」ということで「乳川」と呼ぶそうです。でも、「ちちがわ」とは呼ばずに「ちがわ」って呼ぶんですよ。



さて、他のクラフト体験もだいたい100円とか200円くらいでみんな安くって、体験時間も30分くらいから1時間くらい。とても手軽に楽しめるのが嬉しいですね。



画像 1375.jpg



小枝のクラフト。可愛いですね。



サンドアートともうひとつ人気があるのが「とろとろ石器」。「山の神遺跡」にちなんで、蝋石をヤスリで削ってペンダントにします。



クラフトも楽しいけど、1日遊ぶなら、お昼はどうしましょうか。園内にレストランがあるのも嬉しいですよね。お弁当もいいけど、地元食材を使ったレストランを利用するものいいですよ。黒部ダムカレーもありますし。それともうひとつおススメは、、、



食体験! ピザ焼きに、竹巻きパンに、灰やきおやきにエトセトラ。



体験プラスお昼にもなっちゃいます。体験料金も材料費くらいなんでしょうか。安いです。



ちなみにピザ焼き、やってみました。体験料500円。



画像 1368.jpg



もちろん生地から作りました~。



画像 1358.jpg



画像 1362.jpg



炭で焼きます。



画像 1364.jpg



待つこと10分~15分くらいでしょうか。



画像 1369.jpg



じゃじゃーん。



画像 1371.jpg



ピザの出来上がり~。



食べ盛りの青年は別として、十分満足します。女性はこのピザ1枚で、結構おなかいっぱいになると思いますよ。



書き出しが「お子様連れ」でご紹介しましたが、この公園、大人もすごく楽しめます。なかなか大人だけで公園に遊びに行こうってことにならないと思うのですが、今度一度、だまされたと思って、お友達でも誘って足を伸ばしてみてください。



次回は公園パートⅡ、森の散策体験をご紹介します。



                                               (まるごと花子)

|

リゾートビューふるさと


来る10月2日(土)より運転される新型リゾートトレイン「リゾートビューふるさと」の試乗会に行ってきました。リゾートビューふるさと.jpg



いや~。ほんと快適で驚きました。



まず、シート。回転リクライニングシートなんですけど、座席がめちゃくちゃゆったりしてます。足を伸ばしても前の座席に届かない!テーブル?前方座席の背面についている、引きだしてお弁当とか食べるテーブルなんだけど、だしてみたら、遠い!それぐらいゆったりしてるんですよぉ。resize0802.jpg



でもこれちょっと遠くないかなぁ。なんて思って、サイドのテーブルを引っ張り出してみたところ、快適♪resize0817.jpg



トイレも広いー!resize0820.jpg



そして、展望室も広ーい。



 



それと、なんと言っても窓の大きさが特長のひとつ。ものすごく展望がいいの。これなら、北アルプスの連なる峰々がばっちり見えちゃう。なんたって、「リゾートビューふるさと」だものね。



窓からの風景はこんな感じ。resize0814.jpg



日頃、車での移動ばかりの大町~白馬間。いつもと違う風景に感動です!resize0815.jpg

 今回の試乗会では、大町~白馬間でしたが、本格運転される10/2以降は、長野駅から松本駅を経由して大糸線の南小谷駅までの区間を運転します。



10月から信州デスティネーションキャンペーン。大糸線内では色々なおもてなしが企画されているらしいです。楽しみですね♪



乗車券の他に、指定席券大人510円が必要だけど、価値あり。10月運転開始されたら、今度は長野駅から1日かけて、乗ってみようと思います。10月が待ちきれないー。



(まるごと花子)


|

木崎湖花火大会


昨夜、木崎湖で灯ろう流しと花火大会がありました。長い間には一度中断されたこともあったらしいですが、毎年、地元木崎のみなさんがご苦労されて、今年で68回目になるそうです。



木崎湖周辺は屋台もでて賑やかでした。resize0752.jpg



「大阪焼きもいいなぁ~。」と思いながら、となりの「いかやき」へ。



resize0761.jpg



花火を見るなら、やっぱり近くがいいですよね。音も楽しめるしね。小熊山の木崎湖展望が、毎年車のライト?かな??光っているのですが、あそこから見るのってどうなんでしょうね?どんな感じかどなたかご存じないでしょうか?遠いのか、はたまた近くに見えるのか。。。花火はあんなに高くはあがらないと思うけどー。



resize0758.jpg



たまや~。resize0753.jpg



写真が下手でごめんなさい。実際は、もーっときれいでしたよん。                                                            



                           (まるごと花子)


|

三蔵呑み歩き


まるごと花子です。昨日から、三蔵呑み歩きの利き猪口が発売開始されましたよ~。利き猪口が参加証になるんですもの。これがなくちゃね。という訳で、さっそく買いに行ってきました♪お猪口2.jpg



一目で気に入って、この柄に。なかなか素敵でしょ。回数を重ねるごとに魅力を増している「三蔵呑み歩き」ですから、売り切れないうちに、皆さんも早めに購入しましょうね。お早いうちは、お猪口袋の柄も選べて得した気分ですよぉ。



さて、三蔵呑み歩きは、



9月11日土曜日15:00-19:00 大町市内本通り周辺にて開催されます。http://www9.plala.or.jp/nomiaruki/



そしてお猪口は、いーずら大町特産館、創舎わちがい、横川商店、吉澤酒店、最上屋、イゲタボシ、一木宮坂商店で購入できますよ。1個1000円です。



resize0738.jpg



三蔵呑み歩きは、自分ももちろん楽しみなんだけど、道行くお客さまがとっても楽しそうにしてらして、そんな様子を見てるだけで嬉しくって。今年もすっごく楽しみです。resize0743.jpg



resize0745.jpg



resize0742.jpg



(昨年の様子)



姉さん、象鼻酒の一気呑みは難しいっすね。


|

鹿島槍スポーツビレッジ夏祭り!


まるごと花子です。今日も暑かったですね~。連日の猛暑で我が家の冷蔵庫のアイスクリームの減りが早いこと早いこと。



ところで、サンアルピナ鹿島槍スキー場が、この春から1年中アウトドアスポーツが楽しめる「鹿島槍スポーツビレッジ」として、生まれ変わったのをご存知でしょうか。



ロードバイクやトレイルラン、トライアスロンなどのトレーニング拠点としてオープン。もともとスキー場の宿泊施設も完備していたから、宿泊客を受け入れる態勢もあるし、オープンに合せて、バイクラックやキャンピングカーサイトも用意されました。



トレイルラン、サイクリング、MTBといったアウトドアスポーツブームらしいから、これから楽しみですね。こんなに環境のいいところあまりないと思うから。たくさんのお客さまに来て欲しいなぁ。



さて、鹿島槍スポーツビレッジで8月14日に夏祭りをやるらしいです。「鹿島槍ランニング選手権」や「鹿島槍サンドバックリフティング選手権」「流しそうめん大会」などなど、とっても楽しそう♪



日時:8月14日(土)12:00受付開始



場所:鹿島槍スポーツビレッジ(鹿島槍スキー場)セントラルプラザ1130周辺



内容:鹿島槍ランニング選手権、鹿島槍サンドバックリフティング選手権、ECO楽器作り&演奏会、和太鼓演奏、流しそうめん大会



そして、メインイベントは、G2usふるさとコンサートです!



夏祭り参加費500円だそうです。



鹿島槍スポーツビレッジのサイトhttp://www.kashimayari.net/



夏祭りの前にも、これからちょうどヤナギランが見頃ですよ。ぜひお出掛けくださいませ。



resize0729.jpg



resize0730.jpg


|

はじめまして


はじめまして。まるごとスタッフの『まるごと花子』です。

ニックネーム、ずいぶん悩んで、結局『花子』に。。。

まあ、花好きだし、飼ってる犬がハナって名前だし(犬と同じかよ)。なんだか親しみが湧く名前でしょ~。まるごと盛りあげていきますので、よろしくお願いします!

さて、それにしても連日暑い日が続きますね。こんな時こそ涼スポット「黒部ダム」はいかがでしょうか。



resize0622.jpg



                    (撮影:黒部ダム7/14)



どひゃー!!涼しい!

観光放水、やっぱりすごく気持ちがいいです。堰堤から見下ろすと、水が霧状になってる~。めちゃくちゃ気持ちいいです。



さらに涼を求めて、黒部ダム湖畔コースへ。



resize0612.jpg



うわぁ、裏?から見た黒部ダム。綺麗だったなぁ。



resize0603.jpg resize0604.jpg



黒部ダムを観光すると、「観光放水」とか「遊覧船ガルベ」とか、みんな知ってると思うけれど、あまりメジャーでないこのコース、実はとってもおすすめです。



遊覧船ガルベの乗車場所からダム西岸を歩くこと、片道30分。遊歩道が整備されていてとっても歩きやすい。ブナの原生林に足を踏み入れると、マイナスイオンたっぷりの森林浴が体験できます。



実は私、森の香りが大好きで、香りを嗅いでいるだけでも満足なんだけど、ちょっと歩くだけでブナの原始林やクロベの巨木に会えるってのが嬉しいですよね。



resize0605.jpg



黒部峡谷の湧き水。とっても冷たい!



さて最後に、地元「藤長」さんの「ほたる」。



resize0627.jpg



藤長さんの夏の一押しお菓子です。



でんぷんと寒天を使用。大納言ふたつぶは、「ほたる」の光に見立てられています。透明の地から抹茶あんが透けて見え、涼しげなお菓子に感動します。味も一級ですよ!


|