信濃おおまち達人検定 その1


皆さんに、お知らせです!



来年3月に、信濃おおまち達人検定 が実施されます!!



第1回目となる検定では、ジュニアコースと基本コースが行われ、2年目以降に分野ごとの通(つう)や上級レベルとなる達人検定が行われます。ちょうど、三角ピラミッドの下部に3月に行われるジュニアと基本の基礎コース。真ん中に中級レベルの「通」コース。そして上級レベルの「達人」がピラミッドの最上部に。そんな仕組みになっています。



楽しく、ためになる検定になるように、ただいまテキスト編集委員会が内容を検討しています。検定に関するおもしろいアイデアをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいませ。



それと、信濃おおまち達人検定の魅力をPRいただける企業・団体等を募集しています!



おっともうひとつ、検定問題も随時募集していまーす。



詳しくはこちら、信濃おおまち達人検定ホームページをご覧ください。



ひゃー!画像がないと寂しいブログになっちゃうなぁ。



というわけで、こんな一枚をご用意しました。



さて、問題です。ここはどこでしょうか?



P9229390re.jpg



                                 (まるごと花子)


|

村田屋のバタどら


今週の自分へのご褒美は、、、



ジャジャーン!



003-3.JPG



村田屋さんのバタどらです。



何しろ私の大好物のひとつ。とってもおいしいです。



どうおいしいかって、まず、塩加減が絶妙です。



どら焼きの生地とバター(マーガリン)の塩加減!そして大納言の甘さとのバランス!全てが調和してるんですよね。



「おいしいと喜んでいただけるのが何より嬉しい」と、あんこから全て手作りされています。ご主人によると、バタどら完成までには数年かかったそうです。おいしいお菓子を作るには、大変なご苦労があるのですね。



村田屋さんへはバタどら目当てで伺うのですが、いつも笑顔で迎えてくださる優しい奥様にお会いできるのも楽しみのひとつなんですよね。それと、バタどらを食べるとどんなに暑い日でも寒い日でも、毎朝早くからお菓子作りに精を出していらっしゃるご主人が思い出されて、また一味おいしくなっちゃうんですよね。あの人柄でこのバタどら。食べて納得します。(穏やかなお人柄ながら味はとことん追求する、という職人気質の方です。)



それと何よりありがたいのは、日曜日もお客様のために、お店を開けていてくださること。がんばっていらっしゃるご夫婦にエールを送りたいと思うのは私だけでしょうか。



006.JPG



                                              (まるごと花子)

|

秋のラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン


行ってきました。美と癒しの洋風庭園、「ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン」へ。



013.JPG



エントランスに入る前に、園内に植えられているお花などが売られているショップに立ち寄り、気に入った株をゲット。



園内に入るのには予約がいるけれど、外のショップは、ハーブや花の苗、鉢やリースの材料なんか欲しい時、いつでも来られるから嬉しいですよね。



912016.JPG



重厚なエントランス!お城の門みたいです。



912015.JPG



園内はすっかり秋のお花に彩られていました。



よく手入れが行き届いた庭園で、どのお花もホームセンターでは手に入らないようなものばかり。



マリーゴールドひとつとっても、色が違う!こんな色の見たことないぞ。可憐な淡いレモン色。



ケイトウだって、形が違う。全体を観るのもいいけど、一つ一つの花にも視線を注ぎながら、じっくり楽しみたい。植樹の微妙なバランスや厳選されたお花の数々。もう、ガーデニング好きにはたまりませんよ。



先々週行って撮ったものなので、お花の咲き加減は今日とは少し違うかもしれませんが、こんな感じです。



912017.JPG



912028.JPG



コニファーガーデン。ラ・カスタの雰囲気に良く合っています。



912022.JPG



この花なんて言ったっけ?マツバボタン?家に咲いてるはごくごく普通のピンクだけど、可憐な白ですね~。



037-1.JPG



ヒーリングファクトリー。ここでは、香りの手作り工房や4階には展望テラスもあったり。建物の中もいい香りがして素敵です。



912025.JPG



わーい。ヒーリングカフェだ。何があるのかな~。



912032.JPG



ハーブティー、ジュース、クッキーまである!スパークリングハーブソーダって何だろう?試しに飲んでみることに。



912036.JPG



クランベリーハイビスカスを注文したところ、、、激ウマッ!!



ハーブと言っても全くクセがなく、さっぱりおいしーい。また飲みたいけど、ここに来ないと飲めないのよね。また来るしかないな。そうそう、信濃大町ぐるりん号のバスに乗ってくると、ラ・カスタでハーブティーがサービス!だって!!しかも、ぐるりん号のお客さまは予約しなくても入園できるんですよ。



信濃大町ぐるりん号



癒しの空間、ラ・カスタへ、ぐるりん号で出かけてみるのもいいですね。



040.JPG



912050.JPG    



                                       (まるごと花子)

|

高瀬の森の「カフェギャラリーベルヴィル」


花子です。頭、劇的にすっきりしました。まぁ、頭の悪さは治りそうにないですが、まずは一安心です。



落ち着いた雰囲気のところで食事がしたくて、高瀬の森にあるカフェギャラリーベルヴィルに行ってきました。



森の中は静寂に包まれ、時間を忘れてしまいそう。お店の雰囲気も素敵です。



026.JPG



素敵なテラス。ここでコーヒーでも飲みながら好きな本でも読めたら最高だなぁ。



015.JPG



016.JPG



店内では企画展「小谷精鋭切り展」が行われていました。



私が心惹かれたのは特に動物の切り絵。ワンコ、カモシカ、ニホンザル、どれも繊細に描かれていて、素晴らしかったです。



動物?に分類されるのかな??マイケルジャクソンの切り絵もすごかった。切り絵の概念が覆された感じです。



018.JPG



そしてお昼の注文は、パスタセットに。



コンソメスープとサラダがついてきます。



022.JPG



スープもポテサラも、とても優しい味がしましたよ。



こちらのパスタは生パスタなんですよね。生のパスタってめったに食べられないでしょ。



乾麺ではあじわえないコシがあっておいしいんですよね。



私はジェノベーゼ、パートナーはミートソース。



ジェノベーゼ、おいしかったです。バジルとチーズとアンチョビの割合がGOOD!



023.JPG



ミートソースは相方が食べたので、味見してないけど、うまそ~。



見るからに優しそうなパスタです。



024.JPG



きっと、愛情込めて作ってらっしゃるのでしょうね。スープをはじめ、お料理に愛があって嬉しかったです。



皆さんもぜひ足を運んでみてください。切り絵の企画展も11/8(月)までやっているそうです。



営業時間 : 7~10月/10~20時、11月/11~19時



定休日 : 火・水曜日


|

ゆーぷる木崎湖


花子です。実は先週、車に追突され、その時は怪我も無くてよかったなんて思っていたら、ムチ打ちになってしまいまして。。。ムチ打ちがこんなにつらいとは思ってもいませんでした。レントゲンとってもなんともないのにね、首も腰も頭も痛い。おまけに左手が少ししびれる。。お医者さんには、だんだん良くなりますからとは言われ安心したものの、早くすっきりして欲しいなぁ。



そんなわけで、ムチ打ちって結局筋肉痛ってことなのかな?もしかしたら温泉がいいかも、というわけで、今日は朝から温泉に行ってみました。



138.JPG



木崎湖のそば、「ゆーぷる木崎湖」へ、。



正直、すごく久しぶりです。



まず、ついていない私に、ラッキーな出来事。なんと、早朝8:40までは400円(通常は600円)で、かなり得した気分に。

そして、お風呂一番乗り。脱衣所も清掃が行き届いていて、きれい。



126.JPG



お湯は、葛温泉や木崎のお湯が混ざっている単純泉の混合バージョン。



見た目は色もついてないし地味だけど、入ってみると肌がつるつるしてきて、いい感じ。



127.JPG



ゆーぷる木崎湖のいいところはサウナがあるところかな。



地元のおばさんは良く来るらしくって、何回も繰り返し入っていたけれど、私はひさしぶりなので、無理しないで10分×2回で終わりにして、露天風呂へGO!



133.JPG



サウナあがりのほてった肌に、外気が気持ちいいこと。ベンチがあったので、しばらく空を見てぼんやりしちゃいました。



いいなぁ、この感じ。あくせく働くばかりの日々だけど、こんな風にゆっくり温泉につかってのんびりするのも大事ですよね。なんだか気持ちもゆったりします。



そして湯上りに、フルーツジュース発見!



「うまい!最高!!」



135.JPG



気持ちのいいお風呂、ありがとうございました。また来まーす。



136.JPG

|

三蔵呑みあるき


今年で3回目となる三蔵呑みあるき。毎年とても楽しみにしているのですが、今年は仕事で遅い出足となってしまい、私自身はゆっくり楽しめなかったのが残念ですが、終わりに近い時間でも、お客様の満足そうないい笑顔にたくさん出会えました。



三蔵呑みあるきは、3軒の蔵元でお酒をいただけるのですが、まちなかの協力店がたくさんあって、この日特別に販売するものやサービスがあったりと、呑む以外の楽しみがあるのも嬉しいですよね。



特に甘味に目がない私は、藤長さんのあんどーなつとか、柴田さんの創作菓子とかとても楽しみで、その他にもイゲタボシさんでおにぎりのサービスや大谷書店さんでの象鼻杯、、、まちを歩くのがとっても楽しいんですよね。



今年は駆け足で歩きまわり、慌てて撮った写真は手ブレしたものばかりだったけど、、、



まずは市野屋商店さん。



017.JPG



市野屋の皆さん、お客様以上にいい顔なさってました。



そして今年も創作菓子が楽しみで柴田製菓舗さんへ。



09-22.JPG



この日の創作菓子は2種類。1種類はすでに売り切れていました。私は吟醸酒生ゼリーを購入し、さっそく食べてみました。



043.JPG



うわっ!お酒だ。本当にお酒が生だー!あまり甘くなくてお酒の味を楽しめる、なかなかの逸品。



三蔵すべてが味わえるのもいいですよねぇ。



048.JPG



開けてみたら、金箔入ってましたー。って、見えないかな?



続いて薄井商店さん。酒蔵探検、レッツゴー!



024-1.JPG



薄井商店さんの蔵は地下にあるんですね。実は初めてお邪魔します。



026-1.JPG



10問のクイズを解きながら進みます。



おっと、この質問わからない。。。



030.JPG



みなさん、いい感じにほろ酔いされてました。



031.JPG



最後は北安大國さん。



大國さんの雰囲気がまたいいんですよねぇ。この雰囲気が好きな方も多いのでは。



033.JPG



2階では斉藤清さんの絵画展が開かれていました。



036.JPG



039.JPG



最後におまけ。



本日、双葉SAから見えた富士山。中国人の富士山ツアーが急増しているそうですね。中国の方は富士山が曇っていて、山頂とかまったく見えなくても、大変満足して帰られるそうですよ。日本人は天気が悪くて景色が見えないとひどく残念がりますが、そこにしかない雰囲気や空気を楽しめるだけで満足、ってすごいなと感心しました。旅の楽しみ方も色々ですね。



015-1.JPG



                                 (まるごと花子)


|

「わちがい」でおざんざ


久しぶりに友人とお昼休みに外食することになり、「わちがい」まで行ってきました。



「わちがい」と言えば、おざんざか黒豚丼ですが、いつも迷うんだよねぇ。今回は私がおざんざ、友人が黒豚丼を注文しました。黒豚丼も醤油だれと塩だれがあって、これも迷うところなんですよね。黒豚がとにかく上質な黒豚で柔らかいので、どちらもおいしいのですが、私の好みは塩だれかな~。resize0880.jpg



おざんざは、塩を全く使わず納豆の酵素を使って練り上げた品。これも温かい麺と冷たい麺と選べます。今回は季節柄、冷たい麺にしました。



resize0882.jpg



こんな感じで、どちらも単品で頼んでも小鉢がついてくるのが嬉しいです。



resize0881.jpg



おざんざの麺はつるつるしてのどごしさっぱり。冷たい麺は今の季節、本当においしいです。納豆の酵素で練り上げたなんて聞くと、納豆くさいのかな、って思われる方もいらっしゃると思いますが、納豆くささは全く感じませんよ。納豆が苦手な方でも召し上がっていただけると思います。resize0888.jpg



そして、お店と店内は、100年以上前に建てられた古民家がよく活かされていて、和の雰囲気が落ち着いた空間を演出しています。2階のお部屋はギャラリーとしても使われていて、お食事をしなくてもウエルカムな感じがとてもいいですよ。街中にいらしたらぜひ一度足を運んでみてください。



resize0887.jpg



お店(まちなか本通り沿い)には、男清水(おとこみず)の水飲み場があります。



いつでも、ひんやりおいしい大町の北アルプスの湧水をご賞味いただけます。



                                (まるごと花子)



 



 



 



 



 



 





 


|

八坂体験館でおやき体験


麻の館のおやきもおいしいけれど、忘れちゃいけないおやきは、八坂の灰焼きおやき!



じゃじゃーん!



P1110403.JPG



おいしそうでしょ~。これ全部手作りですよ♪ 



家には囲炉裏も灰もない、というわけで灰焼きおやき体験は「八坂体験館」で手軽にできます。



焼きたてはフランスパンみたいなおいしさ。めっちゃおいしいです。



あらかじめ用意されている季節の具を生地に混ぜ、おやきを形成。

それを鉄鍋で焼いてからその後囲炉裏の中の灰に突っ込む。そしてじっくりと蒸し焼き。



P1110387.JPG



この生地、いい形でしょ~。



P1110394.JPG



体験館のお母さんが優しく作り方を教えてくれます。



P1110400.JPG



鉄鍋で焼いたら灰にどぼーん!



P1110406.JPG



この写真は、おやきが灰の外にでてるけど、実際はおやきが灰の中に全部隠れます。取り出すときに取り残さないようにね。



体験しないでも灰焼きおやきが食べたい人には、「明日香荘」の灰焼きおやきがおすすめです。



食べ応え抜群。時間が経つと皮が固くなるけど、そういう時はチンしてね。



                                         (まるごと花子)

|

新行高原と中山高原のそばの花


前回は麻の館のそば打ち体験をご紹介しましたが、麻の館のある県道長野ー大町線沿いでは、そばの花が真っ盛り♪ 



辺り一面そばの花で真っ白!きれいです。



P9033233.JPG



向こうに見えるのが「麻の館」です。



こんなレトロな水車小屋もあったりして、雰囲気がいいです。



画像 248.jpg



P9033236.JPG



こうして見ると、ひと花ひと花は小さくてとても素朴な感じがする花ですが、畑一面に広がると見事ですね。



そして、新行高原の近くにある中山高原でも、このとおり。



画像 247.jpg



ここはいいんですよ~。電線とか看板とか、その他建造物とか邪魔するものがほとんどないので。



現実の世界をしばし忘れさせてくれます。素朴なそばの花が疲れを癒してくれますよ~。



春は辺り一面の菜の花が見事で、春の菜の花、秋におそばの二毛作。



菜の花は地元の生産組合が「菜の花オイル」にして販売。そばの花はもちろん「おそば」に。



観て楽しめ、食しても楽しめる。もう言う事なしです。



大町にいらしたら、「菜の花オイル」と「おそば」、目で舌で、ご堪能くださいませ。



                                              (まるごと花子)


|

「麻の館」でそば打ち体験


真夏のような日が連日続いていますが、暦のはすでに9月、秋ですね。秋と言えば真っ先に思い浮かぶのが「そば」。新そばにはまだちょっと早いけど、「そば打ち体験」してきました~。



美麻新行のそば処「麻の館」。実はここ、麻の資料館が併設されていたり、そば打ち体験ができたりとそばを食べる以外にもお楽しみが♪



大町市美麻(みあさ)、「美しい麻のなる村」から、美麻村になったんだとか。その昔江戸時代とかには、麻が米と同じ値段だったそうで、年貢を麻で納めていたんだそうです。麻の繊維を取るには種を播いてから3ヶ月かかるそうで、以前は麻とそばの二毛作だったそうですよ。美麻は昔から麻とそばの村だったんですね。



資料館ですが、普段見られない珍しい物が展示されていて、入館料は200円するけど一見の価値ありです。



resize0867.jpg



resize0868.jpg



さて本題のそば打ちです。麻の館のスタッフさんが優しくコツを教えてくださいます。見ていると簡単そうに見えるので、たいしたことないな~なんて思っていると、これがなかなか難しかったー。



resize0866.jpg



こねるの力がいります。



resize0865.jpg



仕上がりはずたずたになってしまったけど、それでも自分たちで打ったお蕎麦は格別においしくって、とても満足できます。そば打ちの時間も1時間くらいでできますので、ちょっと時間に余裕のある時にはオススメです。



resize0863.jpgそしておすすめと言えば、おやき。ここのおやきは隠れた逸品なんだとか。勧められて食してみると、一口でファンになってしまいました♪ 今度ぜひ一度麻の館に足を運んでみてください。



resize0870.jpg



1個150円でーす。この日は切り干しのおやきでした。



                                             (まるごと花子)


|