祭りの案内人のマイスター

マイスター:朝野豊和 祭りの案内人

昭和29年に大町に生まれ育ち、都会で大学、専門学校、研修生活を送る。28歳で大町に朝野整骨院を開業、堀六日町舞台の囃子にかかわりながら、地元の祭りの魅力を再発見する。町内の囃子演奏のかたわら、大町舞台囃子保存会で舞台の調査研究、子ども囃子育成に携わる。「祭りは小さい子どもからお年寄りまでが楽しめる総合文化であり、人生のハレの日である。」と言う。「ただ見物するだけではなく、かかわる楽しさを共有しながら町づくり、人づくりができたらいいですね」と語っている。

大町の秋祭り(3 平地区の源汲舞台)


平地区の源汲舞台平地区には多くの舞台が残されていますが、源汲の舞台はあまり知られてはいません。

近年では祭礼は土日や祝日開催が多くなりましたが、この地区は敬老の日に、細長い地区の中ほどにある神明社でおこなわれます。

祭が近付くと地区の人たちは生活改善センターに集まり、祭り囃子の稽古が始まります。安曇野一帯の舞台囃子は太鼓、鼓、鉦、篠笛を基本としていますが、ここの舞台囃子は三味線が入るのが特徴で、階下の前に二丁の三味線が並びます。


曲目は四曲あって大町地区と似ていますが、「ちょんきな」という遊び歌があり、奉納曲は「ぎおん」と言う曲です。 舞台は破風に彫刻飾りがある簡素なものですが、階上には御幣が立てられ、階下に囃子衆が入る典型的な松本平の古い舞台形式です。この舞台の出所は不明ですが、明治19年(1886)の山車奉納願いの文書が残されており、当時からのものではないかと思われます。 祭り当日は、地区の人たちや子供たちが集まって、生活改善センターから500mほど北にある神社まで舞台を曳きますが、茅葺き形式の民家が残る山里の中を進み、笛や太鼓が山々にこだまする巡行風景は何とも素晴らしいものがあります。