祭りの案内人のマイスター

マイスター:朝野豊和 祭りの案内人

昭和29年に大町に生まれ育ち、都会で大学、専門学校、研修生活を送る。28歳で大町に朝野整骨院を開業、堀六日町舞台の囃子にかかわりながら、地元の祭りの魅力を再発見する。町内の囃子演奏のかたわら、大町舞台囃子保存会で舞台の調査研究、子ども囃子育成に携わる。「祭りは小さい子どもからお年寄りまでが楽しめる総合文化であり、人生のハレの日である。」と言う。「ただ見物するだけではなく、かかわる楽しさを共有しながら町づくり、人づくりができたらいいですね」と語っている。

大町の秋祭り(19 美麻・大塩地区の北組舞台)


大塩地区の北組(村)はその名の通りに地区の北に位置し、富士浅間神社を中心とした地域で、神社の直ぐ下に舞台庫があります。大塩には四台の舞台がありますが、何れも僅かな氏子で支えられていて、ちょっと大きな隣組で舞台を維持しているといった状況で、祭りの準備も総出で行われているようです。

北村の舞台は他の地区の舞台同様、手入れが行き届いた立派な舞台です。形式は他と同様ですが、屋根回りの黒漆に金色飾りが映え、柱の朱漆も美しく、美麻の特徴である角灯籠で飾られます。この舞台は階上の天井に弁才天が描かれています。このような天井絵を持つ舞台は、近隣でもここだけです。富士浅間神社の祭神でもある菊理姫神(くりひめのかみ)かとも思われますが、手にした宝珠や化身とされる龍が一緒に描かれているあたり、弁才天と思われます。

彫刻は多く見られますが、酷似したものが崩沢舞台にも見受けられます。持送り様の白木彫刻は荒彫りですが、川中島合戦の上杉謙信と武田信玄の一騎打ちや、五条大橋の義経と弁慶といった人気の彫物で飾られ、階下回りの金色彫刻には、那須与一の扇の的といった珍しい彫物もあり、多種多彩です。

舞台の飾り付けには外国人の方も混じっており、一生懸命に働いていました。美麻地区には団地もあり、市外から移住してきている人たちも見受けられ、若者たちが長老の指示で準備を進めて行きます。共に暮らす仲間たちとの祭りの準備は心躍る時であり、見ている私にとっても楽しいひと時です。舞台庫の中には鼓や神楽調の太鼓、篠笛が置かれ、出番を待っています。談笑する若者たちの表情は輝いていました。

oso.jpg