祭りの案内人のマイスター

マイスター:朝野豊和 祭りの案内人

昭和29年に大町に生まれ育ち、都会で大学、専門学校、研修生活を送る。28歳で大町に朝野整骨院を開業、堀六日町舞台の囃子にかかわりながら、地元の祭りの魅力を再発見する。町内の囃子演奏のかたわら、大町舞台囃子保存会で舞台の調査研究、子ども囃子育成に携わる。「祭りは小さい子どもからお年寄りまでが楽しめる総合文化であり、人生のハレの日である。」と言う。「ただ見物するだけではなく、かかわる楽しさを共有しながら町づくり、人づくりができたらいいですね」と語っている。

大町の秋祭り(14 社地区の曽根原舞台)


大町の社地区には、唯一、曽根原に舞台が残されています。隣接する閏田と一緒に祭礼を行っていたとのことで、かつては舟の山車もあったとのことですが、現在は巡行もなく、台車が佐々屋幾神社に残されています。

曽根原の舞台は地区の中ほどにある旧公民館隣の舞台庫収められています。一津の舞台を思わせる小さな舞台は、前が二輪、後一輪の三輪構造で、舵棒を押し下げて前輪を軸にして回ります。破風に彫物があるだけの簡素な舞台ですが、階上の四本柱には四季を表す角灯籠が立てられ、周囲は提灯で飾られます。

巡行は地区の人たちが総出で地区内を回りますが、仁科二十五番札所の盛蓮寺を背景に、子供たちの囃子の音が響きます。夕闇が迫る頃には若者たちによる獅子舞が奉納され、舞台と相俟っての風情は誠に素晴らしいものがあります。

獅子舞奉納が終わると、舞台の巡行が提灯を揺らして行われます。この地区でも熱心に子供の囃子育成に取り組んでいますが、年々子供の数が少なくなるとお聞きしました。社地区に唯一残された舞台巡行を、先の時代へと継承していって貰いたいものだと思います。sone.jpg