祭りの案内人のマイスター

マイスター:朝野豊和 祭りの案内人

昭和29年に大町に生まれ育ち、都会で大学、専門学校、研修生活を送る。28歳で大町に朝野整骨院を開業、堀六日町舞台の囃子にかかわりながら、地元の祭りの魅力を再発見する。町内の囃子演奏のかたわら、大町舞台囃子保存会で舞台の調査研究、子ども囃子育成に携わる。「祭りは小さい子どもからお年寄りまでが楽しめる総合文化であり、人生のハレの日である。」と言う。「ただ見物するだけではなく、かかわる楽しさを共有しながら町づくり、人づくりができたらいいですね」と語っている。

舞台町内まわりと宵祭り


昔は祭りのたびに分解し、組み立てていた舞台も、大黒町を除いて昭和43年より王子神社舞台庫へ収めています。

祭りの前に曳き戻された舞台は整備後に飾り付けられ、試し曳きのため町内をまわります。曳初めで綱を曳くと一年間の厄除けになるといわれ、この日ばかりは幼児たちも舞台に乗せてもらい町中をまわります。祭り囃子の音が響き、祭りが来たことを知らせます。

宵祭りは、本番前の飾り付けられた舞台六台が本通りに曳き揃えられて開催されます。

かつての提灯を揺らしながら、分かれ囃子で帰町した風情も今はなく、そうした寂しさから開催の機運が高まり、平成14年に実現しました。 夕闇迫る中、各舞台が定位置につきます。午後7時半、舞台提灯に火が入れられ一斉に演奏が始まります。開運帳が配られ、押印を求める人たちや、子どもの演奏を聴きに家族の姿もあります。囃子方は明日の腕試しとばかりに演奏し、曳き手からは盛んな掛け声が起こります。そして、『喧嘩囃子』といわれる競演で互いの心意気をぶつけ合いながら、「また明日」と町へ戻っていきます。 



syoimatsuri.jpg