自然観察人のマイスター

マイスター:鹿田敏彦 自然観察人

高瀬の森でカフェギャラリーと温泉付き貸別荘 「ベルヴィル」を経営するかたわら、安曇野を中心に花、動物など自然風景の写真を撮影。観光リポーター、「広報おおまち」市民記者などとして、四季を通じた美しい大町市の風物を市内外に向けて情報発信されている。

竜神湖で森林浴&国営アルプスあづみの公園


今朝は爽やかなお天気だったので、竜神湖まで行って来ました。

高瀬川の大町ダムのダム湖である竜神湖には右岸に沿って散策路があり、今日は二の沢まで歩くつもりで行ったのだけれど、先日来の大雨で崩れた個所があるということで、一の沢までの片道1キロほどしか歩くことができませんでした(;_;)



龍神湖.jpg

でも、リョウブの花やヤマアジサイ、秋の花の仲間に入るヒヨドリバナなどを見ながら、静かな道をゆっくり歩いて、しっかり森林浴を楽しんで来ました。

これからの時期、
涼やかな風を感じながら歩くことのできる湖畔の道はお勧めですよ










【ヒヨドリバナ】




ヒヨドリバナ.jpg


【リョウブ】


リョウブ-1.jpg


 


久しぶりに国営アルプスあずみの公園大町・松川地区へ行ってみました。僕のお薦めは、まず「林間レクリエーションゾーン」。



木陰に散策路が整備されており、園内を流れる乳川の扇状地に特有の礫が点在する草原や森の中に様々な山野草が植えられています。

こうした花々を見ながら、
のんびり森林浴を楽しむのも良いですよ♪

鷹狩山と同じような花々も見られますが、少し標高が低い分、
こちらの方が開花が早いですね。こちらで咲き終わった花を追って、鷹狩山へ向かうのも良いかも(^-^)



まず最初にご紹介するのは「伊吹麝香草」と書く、
山地から高山の礫地や崩壊地で良く見かけ、山麓の登山道沿いで出合ったりするシソ科の多年草です。北海道では海岸でも見かけるとか。



学名Thymus quinquecostatus。
Thymusはイブキジャコウソウ属のことで、ラテン語で芳香を放つという意味のthyeinに因んでいます。

和名は、滋賀県伊吹山に多く自生が見られ、葉に精油を含み、
揉むと芳香を放つことから。

この精油にはパラ・シメン、カルバクロール、
チモールなどが含まれていて、ハーブのタイム(タチジャコウソウ)の仲間で、発汗作用があり、風邪に用いると効き目があります。



別名「百里香」



花言葉「神聖」「潔癖症」「勇気」



イブキジャコウソウ2.JPG


 


イブキジャコウソウ3.JPG