自然観察人のマイスター

マイスター:鹿田敏彦 自然観察人

高瀬の森でカフェギャラリーと温泉付き貸別荘 「ベルヴィル」を経営するかたわら、安曇野を中心に花、動物など自然風景の写真を撮影。観光リポーター、「広報おおまち」市民記者などとして、四季を通じた美しい大町市の風物を市内外に向けて情報発信されている。

盛夏の針ノ木雪渓


・今日は天気が良さそうだったので、朝7時前に家を出て、ちょっと針の木雪渓まで遊びに行って来ました。



 お目当ては雪渓を背景にしたニッコウキスゲを写すことだったのだけれど、残念ながらまだ蕾も見当たりませんでした。しかし、まだお祭り広場のあたりまでしっかり雪渓があり、盛夏に雪の上に立って、爽やかな空気を味わって来ることが出来ました。

 resize0721.jpg

 登山道と作業林道との分岐点のヘリポートで、山小屋へのヘリコプターによるボッカ作業の陣頭指揮をとっておられた、「まるごとおおまち」の「岳の案内人」 柏原一正氏に偶然お会いし、立ち話をしたのだけれど、今年の4月5月の低温傾向で夏の花が遅れている代わりに、梅雨明け後のお天気続きで秋の花が早くなっているとのこと。

確かに雪渓近くでは、アキノキリンソウ(残念ながら良い絵になりませんでした>_<)が早くも咲き始めていました。



ということは、今年の夏は夏と秋の花が一気に咲き誇り、登山道は賑やかなことになりそうですね。



 針の木雪渓の入口までなら扇沢の登山口から2時間もみれば充分。休憩込みで往復3時間半から4時間くらいの、とっても楽しいトレッキングが楽しめます。

 ただ、何といっても北アルプス。最低でも軽登山靴で、セパレートタイプの雨具は絶対にお忘れなく。そして天気が急変したら、大沢小屋へ避難するか、迷うことなく引き返しましょう。



 今朝の信濃毎日新聞によると、松本署扱いの北アの遭難が26日現在で20件21人に達し、前年同期の倍の水準だとか。登山口で登山届を出し、行動 はくれぐれも慎重に!

resize0723.jpg