自然観察人のマイスター

マイスター:鹿田敏彦 自然観察人

高瀬の森でカフェギャラリーと温泉付き貸別荘 「ベルヴィル」を経営するかたわら、安曇野を中心に花、動物など自然風景の写真を撮影。観光リポーター、「広報おおまち」市民記者などとして、四季を通じた美しい大町市の風物を市内外に向けて情報発信されている。

秋の雪形


安曇野が紅葉まっ盛りのこの時期、雪が積もり始めた北アルプスが綺麗で すが、ちょうど今頃の積雪量が4月下旬から5月上旬の積雪量と同じくらいらしく、鹿島槍ヶ岳の「下り獅子」と「上り鶴」の雪形が表れます。



resize1054.jpg



標高2,889.7メートルの鹿島槍ヶ岳は、古来「ケンノフ岳」「隠里岳」「乗鞍岳」など、様々な名前で呼ばれていたようですが、この山に現れる雪形の名称から、江戸時代の終わり頃には「しし岳」「鶴ヶ岳」などと呼ばれてい た時期があったようです。



  秋の雪形は、雪に対する準備を始めろよって、里人に呼び掛けているのですかね?



resize1053.jpg