岳の案内人のマイスター

マイスター:柏原一正 岳の案内人

種池山荘、冷池山荘、新越山荘の三代目オーナー。一正さんの父、柏原正泰(二代目)さんが、昭和30年代後半から昭和41年頃にかけて、爺ケ岳南西斜面をトラバースして種池山荘へ至る登山道「柏原新道」を独自に切り開いたことにより、安全かつ短時間で爺ヶ岳、鹿島槍への登頂が可能になりました。今や代表的な北アルプス登山入門コースでもある柏原新道の整備には一正さんを先頭に山小屋スタッフが当たられています。夏山シーズン中には多くの登山者が北アルプスの大パノラマや可憐なコマクサやチングルマなどの高山植物との出会いをもとめて爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳に行き交います。冬には爺ガ岳スキー場で、溶岩窯で焼く手作りピザの店「パウダーパフ」を営業

夏山の魅力がいっぱい!の季節へ


今年の北アルプス北部の梅雨はここへきて結構梅雨らしい梅雨になりましたが、皆さんお住まいの地方はいかがでしょうか。



7/12あたりの天気予報からは、海の日連休のころには梅雨明けが発表される地方も現れそうなんていうニュースも流れるようになってきました。太平洋高気圧がいよいよ勢力を増しつつあるようですね。今度の海の日連休はともかくも、来週中にはいよいよ北アルプスも梅雨明け!? が期待できそうな感じになってきたような感じです。 大いに期待しましょう。 



5月~6月の寒さで雪融けがやや遅れ気味でしたが、梅雨時の雨のおかげで、ここへきて鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳周辺の登山道上の残雪もほとんどが消えて、残雪の心配はなくなりました。雪解けが早かったところからミヤマキンポウゲやシナノキンバイ、チングルマ、コマクサなどの高山植物がどんどん咲きだしています。主稜線のお花畑の見頃は例年と同じ頃の7月最終週から8月第1週になりそうです。不順な天候や強い雨にも負けずライチョウのヒナもすくすくと育っています。



resize0584.jpg 



resize0581.jpg



今年もいよいよ夏山は残雪と緑と青い空と沸き立つ雲がいちばん素敵な季節を迎えそうです。(7/13)